2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

Amazonせこくねぇ?

isapa_sign1

Amazonのお買い物便利ですよね~

宮崎に住む私は午前中に注文して ものが運良く佐賀の鳥栖センターにあれば翌日のお昼前には手元に届く 鳥栖でなくても大阪からでも同じ・・・ ちょっと前からAmazonプライムに入るともっと早く届きますよと謳ってますが、これまででも驚きの早さなので見向きもしなかった 第一今日頼んで明日には届くわけですこれ以上早くなるって今日のきょう??

何回かお試しってのが(勝手に最初からなってる)あって試してみたがすくなくとも私の住む地域ではプライムでも翌日なのだ。 つまり別料金払ってプライムしなくても同じなのね

ところが・・・

ここ一年ぐらい? 普通に注文して佐賀にあって翌日届くと思ったら 頼んでもないのに勝手に配達日が翌々日の指定になっていて地元の運送会社でわざわざ一日お泊まりする荷物が激増! もちろん発売日前の商品とかそんなたぐいのものではありません

なんなのこれ!?

配達日指定なんてしてないのに遅らせる日時に指定してプライムとの差別化か?

せ せこっ!

誰がこれの意味おしえて~~ はれほれ

 

ノーベル文学賞

isapa_sign1

今年もまた吉祥寺あたりでは恒例の「集い」が行われるのでしょう そんな季節になりました。 それ自体がもう独立して恒例行事化されていて楽しまれている節もありますが、一部の人には毎年気をもむのでしょう

当のご本人のコメントなどはまったく聞こえてこないのも もし受賞したらどんなこと言うのと興味をかき立てられて話題は尽きない

そもそもこの賞は芥川賞や直木賞と違って一つの作品に与えられるものではないと認識している。実際検索とかしてみると「文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物」・・・・などと出てくる

そう その理念と傑出した作品創作能力なのだ ことわっておくが僕はまったくの素人で文学のぶの字もかじったこともなければ思考したこともない (わかりきったことだが)

村上春樹さんの作品 嫌いではないけどとりたてて高く差し挙げるほどのものでもないと感じている。ましてやノーベル賞ほどの作品群を創作してるかな~と 候補として上がるのが少し不思議にも感じている そもそもあのひとの作品には性描写が多い気もする。(渡辺淳一さんほどではないけど) いらないとは言わないが一つの作品に5回出てくるものは3回に 3回出てくるものは1回に 2回以下はそのままでもいいかな・・・程度のちりばめ方が僕は好きだ。 あと状況や情景を書く部分に諄さを感じるのは私だけかなー 精神性は僕なりにとても感ずるところがある作品が多いけど その背景描写 くどすぎるケース多々。

ま ようはもう少しスリムにしてくれると一ファンから大ファンになるかもしれない でもスリム化すると小説の丁をなさないか・・・

 

と まぁ 偉そうなこと書いてはいるけど 13日を意識するのも事実 特に受賞したときのコメントはもしかするととても危険なのかもしれない。 それともう一つ重要なのはこの賞そもそも誰が最終選考に挙がっているのかすら不明なわけで取り巻きが勝手に想像しているだけなのです ノーベルがその鎖を溶くのはおおよそ50年後と言うことで 半世紀経たないと候補に挙がっていたのかすらわからないわけです そこもまたこの賞が世間の注目を集める所以なのではありますが・・・

 

 

政務調査費問題 ぷ

isapa_sign1

最近やたら地方議員の政務調査費私的流用で話題ことかかない日々

著名人たちもいろいろ解説してはいるけど誰一人(私が知らないだけ??)選挙やめればいいんじゃない? 地方の議員なんてちょっと勉強させれば誰にでもできますよ 裁判員制度のように市民の義務として年齢別平均賃金もしくは最低賃金でボランティアさせればいいんですよ・・・ と。

議会なんて夜間とか日曜日とか開いて本業と兼業を可とし やらせればいいんです 利権や権力には目もくれず真剣に地方の活性化と安全安心な生活を願ってる人いっぱいいます

問題はシンプルに 「限定された目的は人生を簡潔にする」 ねぇ はるきさん

 

文学賞で毎年騒がれて大変ですね またその季節が・・

ブログ消失・・・

isapa_sign1

 

最近こまめにバックアップとってなかったなー

7ヶ月分のデータが消えました~
リベンジの一ツ葉・西都原自転車道も消えましたね 涙

 

 

 

 

 

一ツ葉・西都原自転車道

isapa_sign1

走って ぃゃ 行ってきました? 一応事前調べで 未舗装あり 案内が不親切 道に迷う などなど人を遠ざける情報が意外に多い サイクリングロードです 今回は 西都の西都原古墳群あたりをスタート地点にして 一ツ葉海岸を目指しかえって来るという46k程度の道のり(正式には 宮崎佐土原西都自転車道と言うそうです)

写真更新

スタート地点の西都原古墳群の駐車場 とても良い天気 花粉症の人にはつらいものがいっぱい飛んでるらしい日でした。

DSC_000001

 

 

今日の相棒はアンカーではなくフェルトで

DSC_1217

 

 

入り船と言うここらあたりでは有名らしいうなぎ屋さんの近くの入り口を探すのだけど なかなかみつからないのよねー これかなー? まったく案内板等なし スタート前からたしかに人を遠ざける自転車道

DSC_1220

 

 

正解! しばらくすると あらまなんと言うことでしょう!! こんなすてきな道がルンルン♪来て良かったわ~

DSC_1221

 

 

まだまだいい感じじゃない? ほら たしかにむかしむかしここを線路が走ってたのよね 妻線が!

DSC_1222

 

 

おぉーと~ なんだこりゃ いきなり駐車場でふさがれとるぞ

DSC_1223

 

 

駐車場を通り抜けてなんとかそれらしい標識はっけん!ぼろぼろで よ 読めるかぁ!?

DSC_1224

 

 

さらに進むとありました ちゃんとした看板^_^ このあたりは両側が夜の一杯飲み屋さんがずらっとならんどるのよね 汽車が走ってたころからなのか廃線後にできたのか・・・不明

DSC_1225

 

うっかり車止めに激突しそうになる うきぃ~

DSC_1226

 

 

あらー なになに? いきなり道が消滅・・・??? 車止めも大破しとるし・・・なかったよね! なんにも案内なかったよね!! 汗

DSC_1227

 

 

しかたないのですぐ左側の国道に自転車担いで急斜面な土手をよじ登る フェンス超えがつらかった・・・涙

DSC_1228

 

 

どうやらこの道で正解のようです だったらちゃんとあらかじめ国道に上がってくださいの看板ぐらい出しといてよ・・・いじいじ・・・ もしかして私が見落としたのかと帰りの時にこのあたりくまなく捜索。 ありませんでした!(きっぱり)

DSC_1229

 

 

そしてしばらく走っているといよいよ来ました 未舗装道路 まぁ ある程度は想定内のでこぼこ感で許せる許せる と鼻歌も出てきたところでいきなり これです え! 行き止まり??

DSC_1230

 

 

向こう側を見ると約50メートルほどざっくりとえぐり取られて どうやら堤防の補修工事をやっているようで・・・(だったら 途中工事のためどこどこまでしか行けませんぐらい出しとけ このボケがぁー と 心では思いましたが口には出してません)

DSC_1231

 

 

まぁ 向こう側に自転車道が続いてるように見えるのでここを迂回して行くことにした またまたチャリかついで今度は畑を進みます(一応ヘリを歩きました 畑踏み散らしてません)

DSC_1232

 

 

畑から上がったところでこの子に怒られました

DSC_1233

 

ようやく工事現場の反対側に来ました 国道沿いをしばらく走るのですが ・・・

DSC_1234

 

 

別の国道と交差して目の前に現れたのは・・・

DSC_1235

 

まぁ そのぉ~ そろそろ一反木綿や塗り壁さんが活動始める時間も近づいておりましたし ちょうど通りかかった宮崎県警交通機動隊の白バイが止まってくれて、 ここ 自転車道に見えますかね~ ぃや~見えないでしょう なんて雑談なんかもあったりして・・・

ここで断念 引き返すことにしました。

みなさん このサイクリングロードは記憶に残る自転車道になることは間違い有りません。あなたに豊富な人生経験がおありで消化能力のある方おすすめします^_^v  が 少なくとも堤防護岸工事を終わるのを待って行くことをおすすめします

 

追加写真

引き返したところをgoogleのストリートビューからキャプチャしたのが下の写真 撮影年はいつかわかりませんか看板と雑草の色からして3月から4月ごろでしょうかねー ゴールまであと9キロ地点。 これぐらいだったら間違いなく入っていったかも 笑(^^:)

0012