2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

一ツ葉・西都原自転車道

isapa_sign1

走って ぃゃ 行ってきました? 一応事前調べで 未舗装あり 案内が不親切 道に迷う などなど人を遠ざける情報が意外に多い サイクリングロードです 今回は 西都の西都原古墳群あたりをスタート地点にして 一ツ葉海岸を目指しかえって来るという46k程度の道のり(正式には 宮崎佐土原西都自転車道と言うそうです)

写真更新

スタート地点の西都原古墳群の駐車場 とても良い天気 花粉症の人にはつらいものがいっぱい飛んでるらしい日でした。

DSC_000001

 

 

今日の相棒はアンカーではなくフェルトで

DSC_1217

 

 

入り船と言うここらあたりでは有名らしいうなぎ屋さんの近くの入り口を探すのだけど なかなかみつからないのよねー これかなー? まったく案内板等なし スタート前からたしかに人を遠ざける自転車道

DSC_1220

 

 

正解! しばらくすると あらまなんと言うことでしょう!! こんなすてきな道がルンルン♪来て良かったわ~

DSC_1221

 

 

まだまだいい感じじゃない? ほら たしかにむかしむかしここを線路が走ってたのよね 妻線が!

DSC_1222

 

 

おぉーと~ なんだこりゃ いきなり駐車場でふさがれとるぞ

DSC_1223

 

 

駐車場を通り抜けてなんとかそれらしい標識はっけん!ぼろぼろで よ 読めるかぁ!?

DSC_1224

 

 

さらに進むとありました ちゃんとした看板^_^ このあたりは両側が夜の一杯飲み屋さんがずらっとならんどるのよね 汽車が走ってたころからなのか廃線後にできたのか・・・不明

DSC_1225

 

うっかり車止めに激突しそうになる うきぃ~

DSC_1226

 

 

あらー なになに? いきなり道が消滅・・・??? 車止めも大破しとるし・・・なかったよね! なんにも案内なかったよね!! 汗

DSC_1227

 

 

しかたないのですぐ左側の国道に自転車担いで急斜面な土手をよじ登る フェンス超えがつらかった・・・涙

DSC_1228

 

 

どうやらこの道で正解のようです だったらちゃんとあらかじめ国道に上がってくださいの看板ぐらい出しといてよ・・・いじいじ・・・ もしかして私が見落としたのかと帰りの時にこのあたりくまなく捜索。 ありませんでした!(きっぱり)

DSC_1229

 

 

そしてしばらく走っているといよいよ来ました 未舗装道路 まぁ ある程度は想定内のでこぼこ感で許せる許せる と鼻歌も出てきたところでいきなり これです え! 行き止まり??

DSC_1230

 

 

向こう側を見ると約50メートルほどざっくりとえぐり取られて どうやら堤防の補修工事をやっているようで・・・(だったら 途中工事のためどこどこまでしか行けませんぐらい出しとけ このボケがぁー と 心では思いましたが口には出してません)

DSC_1231

 

 

まぁ 向こう側に自転車道が続いてるように見えるのでここを迂回して行くことにした またまたチャリかついで今度は畑を進みます(一応ヘリを歩きました 畑踏み散らしてません)

DSC_1232

 

 

畑から上がったところでこの子に怒られました

DSC_1233

 

ようやく工事現場の反対側に来ました 国道沿いをしばらく走るのですが ・・・

DSC_1234

 

 

別の国道と交差して目の前に現れたのは・・・

DSC_1235

 

まぁ そのぉ~ そろそろ一反木綿や塗り壁さんが活動始める時間も近づいておりましたし ちょうど通りかかった宮崎県警交通機動隊の白バイが止まってくれて、 ここ 自転車道に見えますかね~ ぃや~見えないでしょう なんて雑談なんかもあったりして・・・

ここで断念 引き返すことにしました。

みなさん このサイクリングロードは記憶に残る自転車道になることは間違い有りません。あなたに豊富な人生経験がおありで消化能力のある方おすすめします^_^v  が 少なくとも堤防護岸工事を終わるのを待って行くことをおすすめします

 

追加写真

引き返したところをgoogleのストリートビューからキャプチャしたのが下の写真 撮影年はいつかわかりませんか看板と雑草の色からして3月から4月ごろでしょうかねー ゴールまであと9キロ地点。 これぐらいだったら間違いなく入っていったかも 笑(^^:)

0012

2 comments to 一ツ葉・西都原自転車道

  • 追記

    そうそう 古墳群は最高ですよ ここをゆっくりとポタリングしたらもうそれはそれは悠久の時の流れに心は末広がっていくことでせう
    自転車道より 自転車で広大な古墳探索がおすすめ

  • それから 自転車道 と言うものに対する温度差は自治体によりあるのは否めませんね まだ気がついてない方々も多いかと思いますが 最近の猫ブームと同様 そのすぐ後ろに付いてきてるブームの中の一つであることは間違いないです。
    日本中のサイクリストの中には全国の自転車道を制覇することを楽しみにしている人たちたくさんいます。 自転車道はそれだけでなくランニングコースでもありウォーキングの道でもあるのです。今は地方の情報もネット社会の恩恵で比較的楽に手に入るようになりました。 実情を知らずに遠征してくる旅人はきっと目を丸くすることでしょう。 地元の人にとっては生活のための地域空間であり日々の暮らしでそこが何であるかを埋没させていくことはしかたないことですが だからこそ自治体の最前線に居る役所職員様 地域に目を向けると同時に 見慣れて日常になってしまったものをもう一度旅人目線で見直してください

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>