2017年5月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

最新の宇宙理論

isapa_sign1

最新の宇宙理論と言われる説に今夜触れた

自分なりに言い換えると こうだ

平坦からは何も産まれない

でこぼこ  そう 凸凹があるからこそ 何かが溜まり 溜まると凝縮されて形ができる 形ができると人生楽しくなる

みな でこぼこな生き方しようね きっと楽しくなるはず

みたいな ことなんだろうきっと・・・

 

 

 

耳の聞こえない猫

isapa_sign1

もしかしてここのブログでうちの猫との出会い書くの初めてかな??

うちには音が全く聞こえない猫がいます。 4年ほど前の6月 その時期としては異常に寒く冷たい雨の日にその猫はうちの前の通りを挟んで向かい側の建物の白い壁タイルの前で栄養失調と寒さとで死にかかってました。

白タイルの前に小さな小さな白い子猫がうずくまってて、まったく私は気がつかなかったのを うちの従業員さんが見つけて保護 その後紆余曲折経て(誰も飼ってくれる人がいなかった) 産まれて3週間ばかりのこの子猫 当時猫大嫌いな私がしかたなく育てて見ることになりました(ほんと今思えば血迷ったとしか思えない・・・)

飼ってみて、一気にこれまでの認識が360度を100回も回るぐらい変わりました。 猫ってこんなにも飼いやすくかわゆいものなんですねー(いきなりビョーキ) ほどなくタイトルの通りこの子は耳が全く聞こえないことがわかり お医者さんにはこのような猫は半年生きられるかどうかわからないと言われました(野良のままならと言うこと)

たしかに今でも一度寝たらどんなに騒いでも起きません。 風が直接顔に当たるか強い振動が体に伝わるとかしないと起きないですね ちょろちょろ動き回り出す生後3ヶ月ぐらいから交通事故がもっともその原因とか・・・

そんなこんな脅迫事情?もありうちで暮らし初めてもうすぐ4年。 少し他の猫とは違う 耳が聞こえないせいなのか鳴くとこでないところで大きく鳴いたりとか異質なところもあるが、それも個性ってことで元気いっぱい!。 その後迷い込んだり引き取ったりした いずれも同様に、体になにがしかのハンディのある猫3匹を引き連れ主の座を座り続けてます

 

DSC_1911DSC_1906DSC_1907

雄猫の「はく」

 

車を避けられない猫も世の中にはいます 猫の方が先に逃げるやろうとか思わないで 徐行/停止 切に願います

 

Amazonせこくねぇ?

isapa_sign1

Amazonのお買い物便利ですよね~

宮崎に住む私は午前中に注文して ものが運良く佐賀の鳥栖センターにあれば翌日のお昼前には手元に届く 鳥栖でなくても大阪からでも同じ・・・ ちょっと前からAmazonプライムに入るともっと早く届きますよと謳ってますが、これまででも驚きの早さなので見向きもしなかった 第一今日頼んで明日には届くわけですこれ以上早くなるって今日のきょう??

何回かお試しってのが(勝手に最初からなってる)あって試してみたがすくなくとも私の住む地域ではプライムでも翌日なのだ。 つまり別料金払ってプライムしなくても同じなのね

ところが・・・

ここ一年ぐらい? 普通に注文して佐賀にあって翌日届くと思ったら 頼んでもないのに勝手に配達日が翌々日の指定になっていて地元の運送会社でわざわざ一日お泊まりする荷物が激増! もちろん発売日前の商品とかそんなたぐいのものではありません

なんなのこれ!?

配達日指定なんてしてないのに遅らせる日時に指定してプライムとの差別化か?

せ せこっ!

誰がこれの意味おしえて~~ はれほれ

 

ノーベル文学賞

isapa_sign1

今年もまた吉祥寺あたりでは恒例の「集い」が行われるのでしょう そんな季節になりました。 それ自体がもう独立して恒例行事化されていて楽しまれている節もありますが、一部の人には毎年気をもむのでしょう

当のご本人のコメントなどはまったく聞こえてこないのも もし受賞したらどんなこと言うのと興味をかき立てられて話題は尽きない

そもそもこの賞は芥川賞や直木賞と違って一つの作品に与えられるものではないと認識している。実際検索とかしてみると「文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物」・・・・などと出てくる

そう その理念と傑出した作品創作能力なのだ ことわっておくが僕はまったくの素人で文学のぶの字もかじったこともなければ思考したこともない (わかりきったことだが)

村上春樹さんの作品 嫌いではないけどとりたてて高く差し挙げるほどのものでもないと感じている。ましてやノーベル賞ほどの作品群を創作してるかな~と 候補として上がるのが少し不思議にも感じている そもそもあのひとの作品には性描写が多い気もする。(渡辺淳一さんほどではないけど) いらないとは言わないが一つの作品に5回出てくるものは3回に 3回出てくるものは1回に 2回以下はそのままでもいいかな・・・程度のちりばめ方が僕は好きだ。 あと状況や情景を書く部分に諄さを感じるのは私だけかなー 精神性は僕なりにとても感ずるところがある作品が多いけど その背景描写 くどすぎるケース多々。

ま ようはもう少しスリムにしてくれると一ファンから大ファンになるかもしれない でもスリム化すると小説の丁をなさないか・・・

 

と まぁ 偉そうなこと書いてはいるけど 13日を意識するのも事実 特に受賞したときのコメントはもしかするととても危険なのかもしれない。 それともう一つ重要なのはこの賞そもそも誰が最終選考に挙がっているのかすら不明なわけで取り巻きが勝手に想像しているだけなのです ノーベルがその鎖を溶くのはおおよそ50年後と言うことで 半世紀経たないと候補に挙がっていたのかすらわからないわけです そこもまたこの賞が世間の注目を集める所以なのではありますが・・・

 

 

政務調査費問題 ぷ

isapa_sign1

最近やたら地方議員の政務調査費私的流用で話題ことかかない日々

著名人たちもいろいろ解説してはいるけど誰一人(私が知らないだけ??)選挙やめればいいんじゃない? 地方の議員なんてちょっと勉強させれば誰にでもできますよ 裁判員制度のように市民の義務として年齢別平均賃金もしくは最低賃金でボランティアさせればいいんですよ・・・ と。

議会なんて夜間とか日曜日とか開いて本業と兼業を可とし やらせればいいんです 利権や権力には目もくれず真剣に地方の活性化と安全安心な生活を願ってる人いっぱいいます

問題はシンプルに 「限定された目的は人生を簡潔にする」 ねぇ はるきさん

 

文学賞で毎年騒がれて大変ですね またその季節が・・