メインメニュー
Powered By

vine linux4.~
apache2.~
php5.~
Mysql5.~
xoops cube2.~
hp
自宅サーバより発信しています

 TOP  >  Vine linux  >  障害発生中・・・解決!!(してない?)
トップ  >  障害発生中・・・解決!!(してない?)


環境:

HPのサーバML115(OSはvine linux4.2)
Panasonic HCM-381ネットワークカメラ
Panasonic ディーガDMR-XW31
LAN接続の増設HDDが三台
クライアントPC 最大で三台
うち一台は無線アクセスポイント利用のノート
NTTフレッツ光プレミアム
光電話




症状:
不定期にネットがつながらなくなる
このとき電話(光電話)もつながらなくなる
数分で勝手に回復・・から数時間かかる時もある


原因:
まだ想像段階だが・・・
障害時LAN側はまったく問題が出てない
NTTサポートのリモート審査ではONUまでは正常に信号が行く
ONUからCTUに行かない
これらのことからCTU内のWAN側になんらかの通信障害が発生してるものと思われる
障害が発生しているときでもLAN側はバリバリである
上りなのか下りなのかわからないが貯まったキューをWAN側でさばき切れてない様子
CTU内のファィアーウォール及びポートと機器への指定は何度も見直し 間違いないと確信している(つもり)
尚 CTUもONUも違うメーカーのものに一度交換済みだがどちらも同じ症状。

機器の特定にまではまだ至らず・・・

対策:
まだ手探り状態だが・・・(現状直接関係ない対策もあり)

サーバーのIPV6を止める
/etc/modprobe.conf に追記
install ipv6 /sbin/modprobe -n -i ipv6
(alias net-pf-10 off や alias ipv6 offよりは上記を)
#lsmod でipv6が立ち上がってないか確認。

固定ローカルIPを最小限に?(同一回線内でxoopsアクセスで
プロキシ経由と判断される場合あり (ログイン出来ない)
CTUのDHCPに払い出しをさせてやる 特にクライアントPCは固定は不可が無難
固定払い出しはサーバのみにしている(光電話は最初から固定)


パナのネットワークカメラHCM-381のipv6の設定を今までやってなかったが
これを自動設定にし 公開 に変更する
さらに固定ローカルIPをやめてUPnP機能によりCTUに認識させた
つまりCTU内の静的アドレス変換設定(ポート指定)にはカメラは
指定してない。

ブロードバンドレシーバーの機能もある パナのHDD.DVDレコーダーのディーガDMR-XW31をしばらく使わない(LANケーブルを抜く)


現状これにて様子見中〜 2008/01/26

はいまたまた障害発生 じと汗
いろいろやってる最中メモリが一枚おかしいのを発見
現在サーバには512が三枚刺さってるのですがそのうちの一枚が
どうも不良です
サーバと同型機にvistaを入れてるのですがそれにメモリ移し替えて
立ち上げたら一枚が半分の容量しか認識してないのがわかる
さらになんか警告も出た
同じDDR PC5300のメモリで動いてるvistaなのであきらかに不良

 抜いて1Gに。
ここを見て
http://mlog.euqset.org/archives/vine-users/070194.html
うちにもそんなのないかとBIOS探ったら APM Configuration と言う
ものがあった
これって電源の管理かなんかか?
電気ぐらいバンバン使ってくれ!

このさい何でもやるぞ オンになってたのでオフにした
様子見中・・2008/01/27

その後不良と思われて抜いたメモリーは善良な子でした(ごめんなさい)
パナのカメラ UPnPでポートは指定しなくてよいと思ってたら
内部からは見えても外部からは見えないと指摘
あわててCTUのポート指定で穴を開ける
外部からも見える・・と連絡受けました ありがとう
引き続き観察中・・・APM Configuration オフの効果は???

効果なし (^^;)

光にしてから出だした症状なのだけど・・・
ちょっとまて
光のせいにするのをやめて 同時期に始めたことを振り返る。。。

はいUSTREAMをたくさん貼り付けていました
止めました
様子見中〜。。。2008/01/27 午後

これも関係ありませんでした
サーバ再起動のさい SMBとNMBがシャットダウン失敗・・と出てたのが
気になり samba を止めました
様子見・・・同じ日の夜

sambaも無実でした
依然一定の時間が経過すると通信障害が出てます(負けるものか)
ここ
http://slashdot.jp/~witch/journal/418201

うちは名前解決に時間云々・・は出てないのですが
「resolve.conf にADSLルータではなくISPのDNSサーバを直接指定・・」
が気になり うちもそれにする
/etc/resolve.conf

nameserver 192.168.24.1 を 202.224.32.1 ←うちのISPさんのDNSサーバー
ついでにセカンダリーも追記 直下に
nameserver 202.224.32.2
とするつもりでしたが とりあえずこっちを先に試すことにする
自前のDNSサーバのはず?だから・・
nameserver 127.0.0.1 サーバのローカルIPでも可

127.0.0.1はたしか自分自身のことだったよね つまり自サーバ。

今までここはCTUのIPになってました 

さらにここを参考に
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind915/bind915b.html

named.confにISPのDNSを追記した

directory "/var/named"; の下に下記を挿入

forwarders{
202.224.32.1;
202.224.32.2;
};
forward only;



変更後アクセスできてることを確認。

この時点でUSTREAM(管理者のみ)とvineのipv6 ネットワークカメラそれにBIOSの
APM Configuration は復活(オンに)させてます

sambaは下記のエラーが出てたのでちょっと気になりまだ止めてます
smbd/service.c:make_connection_snum(849)

様子見中。。。。深夜でっせ

10時間が経過しました
通信障害 この間起きてません!
もうちょっと様子見しないと・・勝利宣言はまだ早いな。。


#ifconfig -a とコマンドを打つと eth0とlo以外にsit0と言うものが
出てくる


sit0 リンク方法:IPv6-in-IPv4
NOARP MTU:1480 Metric:1
RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

ipv6とipv4との通信を可能にするやつとか・・
#ifconfig で出てこないので無効になってると思われる


12時間もった! 笑(^^)
新記録やん! 涙
だんだん核心に近づいてねぇ?


resolve.confの件で・・・ぼんやりと考えていた
そもそもこいつは名前の解決に動いてくれてるわけで・・・
名前か〜
あれ! まてよ うちのisapa.info はバリューで管理してもらってる
わけで・・・
なんでバリュのIPがなくてISPのIPなんだ?

はい さっそく北海道の師匠に即スカイプ

ビンゴ!

resolve.confに追加
nameserver 127.0.0.1 の下に
nameserver 69.25.142.1 を追加 ←eNomのDNS

つまりプライマリがうちでセカンダリをバリューに。

そんなわけで named.confに書き込んだ
forwarders{
202.224.32.1;
202.224.32.2;
};
forward only;

は削除

推定 30回目の様子見中。。。。2008/01/28 4:30pm

ただいま20時間経過・・・,ネットも電話もオッケーです!
ようやく原因を突き止めました@@
終わってみれば事実上二カ所の修正・・あぁ それがわからないのが
素人の良いところ・・・これこれ(^^;)

かくしてようやくフツーのサーバに戻れました。。。
おわり

2008/01/29

いや・・・・ 終わってないぞ。。。。ぼそっ
かなり原因に近づいた感じがするんだけど・・・
もうちょっとして記述予定 2008/02/15

解決しました
詳細は
http://isapa.info/xoops/modules/pico/index.php?content_id=64
前
いよいよ今年はvine5.0
カテゴリートップ
vine linux 覚え書き
次
postfix 接続してくるホストを制限


Powered by XOOPS Cube Legacy 2.2 © 2001-2013 The XOOPS Cube Project  .