メインメニュー
Powered By

vine linux4.~
apache2.~
php5.~
Mysql5.~
xoops cube2.~
hp
自宅サーバより発信しています

 TOP  >  Vine linux  >  携帯から自サバのWebmailに
トップ  >  携帯から自サバのWebmailに



mobileimapが使える環境が既にあります
入れない手はない
ということで挑戦してみましたが・・・とりあえずセキュリティ面が難しそう
セキュリティが5段階あったとしたら現在は3・・ぐらいかな
成功しました。

動作は問題なくログにもエラ−なしです
セキュリティが5まで行ったら詳細記述予定

............................
$ mobileimap -d --imap-auth -p portNo -u userID -s isapa.info -f "userID <userID@isapa.info>;" -x urlパス
$ mobileimap -d -a login -p portNo -u userID -s isapa.info -f "userID <userID@isapa.info>;" -x urlパス

このままだと再起動したさいに立ち上がってるもののどうもうまくつながらなく
なるようだ
自動起動させる

/home ディレクトリ−に出来てる各ユ−ザ−の中に .mobileimaprc を作る
#!/bin/sh

if [ -f ~/.mobileimap.pid ]; then
rm -rf ~/.mobileimap.pid
fi

/usr/local/bin/mobileimap > /dev/null 2>&1
# su userID
$ cd /home/userID/
$ mobileimap -a login -u userID -s isapa.info -x mobile1 -p portNo -f "userID <userID@isapa.info>;" -d --dump-config > ~/.mobileimaprc
$ vi .mobileimaprc

i を押す

:imap_password => "xxxxxxxx", (Imap用パスワードを設定)

「Esc」、「:」、「w」、「q」で保存する。

$ chmod 600 .mobileimaprc

ここまでで長いコマンドオプションを入れなくても $ mobileimap で起動させられる

# cd /usr/local/bin
# vi mobileimap_start

「i」を押す。

#!/bin/sh

if [ -f ~/.mobileimap.pid ]; then
rm -rf ~/.mobileimap.pid
fi

/usr/local/bin/mobileimap > /dev/null 2>&1

「Esc」、「:」、「w」、「q」で保存する。

# su userID # 各ユーザで以下を実行
$ crontab -e


「i」を押す。


@reboot /usr/local/bin/mobileimap_start > /dev/null 2>&1
「Esc」、「:」、「w」、「q」で保存する


携帯から見るとタイトルの文字化け
対策:
mobileimap.inを編集する

require 'net/imap'
require 'net/smtp'
require 'kconv'
require 'getoptlong'
require 'thread'
require 'thwait'
require 'timeout'
require 'time'
require 'socket'
require 'uri'
require 'cgi'

の下あたりに下記を追加

module Kconv

def self.toeuc(s)
::NKF.nkf('-exm', s)
end

def self.tosjis(s)
::NKF.nkf('-sxm', s)
end

def self.tojis(s)
::NKF.nkf('-jxm', s)
end

end

この場合リコンパイルが必要

# make
# make install

その後mobailimapも再起動
前
postfix設定メモ reject_unauth_destination
カテゴリートップ
vine linux 覚え書き
次
クロック速度が遅い


Powered by XOOPS Cube Legacy 2.2 © 2001-2013 The XOOPS Cube Project  .