メインメニュー
Powered By

vine linux4.~
apache2.~
php5.~
Mysql5.~
xoops cube2.~
hp
自宅サーバより発信しています

 TOP  >  Vine linux  >  FTPサーバー
トップ  >  FTPサーバー



設定例 そのまま転載(vine linuxで自宅サーバー)

Vine標準のFTPサーバーProFTPdを使用する場合の設定

# vi /etc/proftpd.conf ← 設定ファイル編集

# This is a basic ProFTPD configuration file (rename it to
# \'proftpd.conf\' for actual use. It establishes a single server
# and a single anonymous login. It assumes that you have a user/group
# \"nobody\" and \"ftp\" for normal operation and anon.

# ServerName は任意でOK。接続した時に表示されます。
ServerName   \"FTP Server\"

# standalone でシステムに常駐が可能
ServerType standalone

# デフォルトサーバを有効にする
DefaultServer   on

# FFFTPで.htaccess等の./等で始まるファイルを表示、削除できるようにする場合に追記
ListOptions \"-a\"

# 接続された時に表示されるバナーメッセージを記述
# この項目が無いと ProFTPD を使っている事と、バージョンが相手に知られます
ServerIdent on \"FTP OK\"

# この二つの項目を off にする事で高速に接続可能
UseReverseDNS   off
IdentLookups   off

# この例ではユーザーyosi 意外は、
# 自分のホームディレクトリの/public_htmより上位層には行けなくしている
DefaultRoot ~/public_html !yosi

# ProFTPD が動作するポート番号
# Port 21 is the standard FTP port.
Port   21

# Umask 022 is a good standard umask to prevent new dirs and files
# from being group and world writable.
Umask   022


# 使用ルータがPASVモード非対応の場合のみ設定
# 固定IPアドレス環境の場合は、IPアドレスを記載
# 非固定IPアドレス環境の場合はグローバルIPアドレスが牽けるサーバー名を記載
MasqueradeAddress   xxxx.com

# 最大ポート、最小ポートを指定(ポートは1024以上を指定する事)
PassivePorts   4000 4029


# Use localtime
TimesGMT   FALSE

# 子プロセスの最大値を設定
# To prevent DoS attacks, set the maximum number of child processes
# to 30. If you need to allow more than 30 concurrent connections
# at once, simply increase this value. Note that this ONLY works
# in standalone mode, in inetd mode you should use an inetd server
# that allows you to limit maximum number of processes per service
# (such as xinetd).

MaxInstances   30

# パスワードの入力ミスは3回まで
MaxLoginAttempts 3

# ユーザが認証されるまでの間、ProFTPD はこのユーザ権限で動作しています
# Set the user and group under which the server will run.
User   nobody
Group   nobody

# 上書きを許可
# Normally, we want files to be overwriteable.

AllowOverwrite on


# 詳細なログのフォーマットと取得
LogFormat allinfo \"%t : %u (%a [%h]) : [%s], %T, %m (%f)\"
LogFormat write \"%t : %u : %F (%a)\"
LogFormat read \"%t : %u : %F (%a)\"
LogFormat auth \"%t : %u (%a [%h])\"

ExtendedLog /var/log/proftpd/all.log ALL allinfo
ExtendedLog /var/log/proftpd/write.log WRITE write
ExtendedLog /var/log/proftpd/read.log READ read
ExtendedLog /var/log/proftpd/auth.log AUTH auth


#この下に「Anonymous」の記述がありますが
#全て「#」でコメントアウトする事によって、
#Anonymous としては動作しなくなります

# A basic anonymous configuration, no upload directories.
#

#User ftp
#Group ftp

# We want clients to be able to login with \"anonymous\" as well as \"ftp\"
#UserAlias anonymous ftp

# Limit the maximum number of anonymous logins
#MaxClients 10

# do not require shells listed in /etc/shells (user ftp do not have
# shell...)
#RequireValidShell no

# We want \'welcome.msg\' displayed at login, and \'.message\' displayed
# in each newly chdired directory.
#DisplayLogin welcome.msg
#DisplayFirstChdir .message

# Limit WRITE everywhere in the anonymous chroot
#
#DenyAll
#

#






ログの保存場所を作成

# mkdir /var/log/proftpd



以上で Proftpd.cof の設定は終了です。

ログローテーションの設定

一定期間たまったログを古い物から削除する設定です。

設定ファイルは /etc/logrotate.d/proftp


# vi /etc/logrotate.d/proftp

i キー(入力モード)

/var/log/proftpd/*.log {
missingok
notifempty
postrotate
/usr/bin/kill -HUP `cat /var/run/proftpd.pid 2>/dev/null` 2>/dev/null || true
endscript
}

記載したら Esc キー(コマンドモード):wq で保存




FTPサーバーを起動させる

ユーザーの追加、proftpd.confの設定が終了すれば
いよいよFTPサーバーの起動です。


# /etc/rc.d/init.d/proftpd start




サーバー起動時にFTPサーバーを起動させる



# chkconfig proftpd on ← FTPサーバー自動起動設定

# chkconfig --list proftpd ← FTPサーバー自動起動設定の確認
proftpd    0:off  1:off  2:off  3:on  4:on  5:on  6:off ← ランベル3〜5 が on か確認

※ もし ランベル 3〜5 で off がある場合は以下の設定で on にしてください。

# chkconfig --level 2 proftpd on ← 3が off の場合の例



以上でFTPの設定は終了です。
前
サーバーの自動バックアップ
カテゴリートップ
vine linux 覚え書き
次
アンチウィルスソフト


Powered by XOOPS Cube Legacy 2.2 © 2001-2013 The XOOPS Cube Project  .